2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

本棚

無料ブログはココログ

« 甲高 | トップページ | 初海外 »

ゴールデンスランバー

51ph7ddxhql__ss500_

伊坂幸太郎作品は「重力ピエロ」以来、私にとって2作目。

どうしてもいつも東野圭吾とか宮部みゆきとかばかり読んでしまうのだけれど

この作品は本屋大賞に選ばれた本で、

テレビや雑誌でも話題になっていたので読んでみました。

“全国書店員が選んだいちばん!売りたい本”

とか言われたら読んでみたくなるよね~。                               

                               

普通に暮らしてた主人公の青年が

ある日突然首相暗殺の濡れ衣を着せられて

国家警察に追われる羽目になってしまい、

必死に逃亡しながら濡れ衣を晴らそうと奔走するお話。

私の拙いあらすじだけではちっとも面白そうじゃないけど

面白かったです。

独りで暮らしてたら一気に読んじゃったかも。                             

                            

最近は仕事やら育児やらで本を読む時間がなかなか取れないのが悩み。

この本も読み始めたのはいつだっけ?ってくらい

前から読んでるのに、やっとこ読み終わったかんじ。

まだまだ、まだまだ、読みたい本は山ほどあるのになぁ。

東野圭吾「流星の絆」も読みたいし、他にも新作出たみたいだし

「夢をかなえるゾウ」も気になるし~。

1日でいいから誰にも邪魔されず、本に没頭できる日がほしいと思う今日この頃。

« 甲高 | トップページ | 初海外 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

なんか最近小説のドラマ化とか多いし、
読まなきゃいけないものが多すぎる。
私は重松清の「カシオペアの丘で」を読んでるところ。
東野圭吾もよく本出すよね次から次へと。
読むほうが追いつかないよ・・・。

>naokodua
そうなのよ~。
マンガとか小説のドラマ化がやたらと多いのよ最近。
ネタ切れなんだろうね。ドラマ界も。

そんで、ドラマの放映に合わせて新作がここぞとばかりに
出版されたりして、ほんと読むほうが追い付かないよ。

それにしても、NYにいながら、日本の状況をしっかり把握してるなんてさすがだわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 甲高 | トップページ | 初海外 »